So-net無料ブログ作成

岡田准一 と役所広司が共演!!映画 「蜩ノ記」美しい人間たちの力強く生きる様と深い感動 [映画]

あなたは愛する人に残したい言葉はありますか?
最も、美しい「愛する人に残したい言葉」!!

あなたが近い将来の壮絶な運命でこの世を去ることがわかっていたならば・・・・
何を思い・・何を考え・・・どんな人に会い・・・どんな思いを伝え・・・

どんな最後の一日を送りたいだろうか。
またどんな最後の一日を贈りたいだろうか。




10月4日(土)公開される映画「蜩ノ記」


これは、葉室麟の原作に基づく時代劇「蜩ノ記」で時代小説としては中々ない50万部を突破するベストセラー時代小説となった。
さらに直木賞を受賞し、今、話題中の作品になっている。



「蜩ノ記」とは何か。


一日が終わるのを悲しむかのように鳴く「蜩」とその日暮らしの身であるという意味をかけて、その日記を「蜩ノ記」と名付けた。



それは・・・・・・



7年前の事件に深く関係している・・・・


秋谷(役所広司)は群奉行の身でありながら、側室と不義密通し小姓(こしょう)を切り捨てるという事件を起こす。 その罪として10年後の夏に切腹をすることになった。 主人公・秋谷にが、その苛酷な運命を受け止めた上で、残された人生の一日一日を大切に生き、日々の思いを日記に記していた。



そんな秋谷(役所広司)に庄三郎(岡田准一)は切腹の日まで監視を命じられたのだ。


監視の内容は秋谷(役所広司)が毎日、綴っている日記の中に事件のことがどう書かれているのか!!であった。




毎日、監視を続ける庄三郎(岡田准一)にとって秋谷(役所広糸司)という人柄を肌で感じ、日に日に事件には裏があると感じていた・・・・


秋谷(役所広司)が家族に対する深い愛情を注いでいること、秋谷という一人の人間性から何か違和感を覚える!!



隠された謎には一体どんな真相があるのか?その物語の先は・・・・・
l.jpg


不条理な運命の中で生き抜こうとする家族の愛、初めての恋、そして子弟の愛!!




「愛」で包まれた物語の中に、私たちに何を伝えようとしているのか注目が集まる!!



美しい人間たちの力強く生きる様と深い感動を劇場で確認してみてほしい!!

スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました