So-net無料ブログ作成

御嶽山 噴火!火山灰の範囲が!!捜索活動が難航!!捜索活動一旦中断へ!!家族の思い・・・ [ニュース]

御嶽山の噴火が始まったのは9月27日の正午前だった。
この日は休日の昼間ということで、多くの人が登山に訪れていた・・・



噴煙は火口からおよそ7000メートルの高さまで上がっていた。 大量の火山灰とともに噴石を飛ばし、山頂から半径1キロの範囲では、直径50センチを超える噴石が飛んできたことも分かっている。 噴出物がガスなどと流れ下る火砕流が南西方向に3キロ以上にわたって発生していた。



突然の悲劇に逃げ惑う人々!!


飛来してくる噴石から身を守るために、物陰に隠れるように倒れた人


火山灰によって埋もれ道がが分からなくなった登山道!!


周囲は火山灰によって視界が遮られる。


yjimageZWH2WLH1.jpg



長野と岐阜の県境にある御嶽山の噴火で登山客は瞬時に恐怖につつまれた。
必死の救命活動が行われている中、御嶽山は活動し続ける。



御嶽山の噴火で警察や消防、そして自衛隊は、29日も山頂付近で懸命に捜索活動を行っている。 災害派遣医療チーム(DMAT)も治療班として参加していた。 まだ搬送されていない登山者ら、心肺停止の状態で見つかっていることから、警察などは800人の態勢で捜索活動を行っている。



そんな中で、新たな情報が提示された・・・




警察などが捜索した結果、新たに5人が心肺停止の状態で見つかっている。
今回の噴火で死亡したのは12人、心肺停止の人は24人ということが確認された。


常に死ととなり合わせの中で、「大噴火するかもしれないと思うと怖かった」などと話し、
自らの死を意識し、死と隣り合わせの危険地帯での作業だったことを明らかにした。


警察や自衛隊などは30日午前7時前から捜索活動を再開した。
火山活動が活発する恐れがありヘリでの捜索も困難な状態!!




しかし、火山活動が活発になるおそれがあるとして捜索活動を一時中断している。



まだ救助されていない登山者!!

家族の帰りを待っている家族!!

無事信じて待つしかないのか!!
早急な捜索活動を再開を望む!!

一刻を争う中、一人でも多くの人が早急な救助されることを期待したい!!
多くの登山者が無事でありますように!!









スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました