So-net無料ブログ作成

「けん玉」が欧米で人気爆発!!国内で再度人気に火がつくエクストリームけん玉とは? 違いは? [おもちゃ]

十字の剣(けん)に丸い玉・・・・・!!
9月中旬に東京・新宿でけん玉イベントが開催された。



けん玉といえば・・・・昔の遊び!!お手玉、まり、こま回し・・・・など。一度は子供のころに体験した遊びに
覚えがあるはず!!


けん玉はそもそも、大正時代に日本で形作られた伝統玩具「けん玉」として知られるもの!!



これが今、新しい形となって再ブレイクを果たしている!!



ある外国人観光客が北海道に観光に訪れたことが始まり・・・・
観光を満喫しおみやげに「けん玉」を持ち帰ったのがきっかけとされる。



欧米に持ち帰ったけん玉は、「格好いいスポーツ」として発展し、日本に上陸したのだ。
それは欧米人がインターネットの投稿動画を通じて「KENDAMA」のアクロバティックな技と美しさを動画投稿したことから拡散していったのだ。そうエクストリームけん玉だ!!

これを見た日本の若者に刺激を与えたのだ。



「フリースタイル」「エクストリームけん玉」として日本に逆輸入したのだ。



東京・新宿で開かれたけん玉イベントでは、海外のKENDAMAのプロら著名なプレーヤー10人が参加した。
けん玉を高々と投げ上げて前後左右にステップを踏むなど、独創的なプレースタイルで観客を魅了していったのだ。



見に来ていた観客はどきもをぬかれたことだろう!!


そもそも、大きく異なるのが、日本のけん玉は、日本の競技種目として決められた技の完成度を競うのが主流である。 また、けん玉の段級位制がとられており、けん玉の技量に応じて段級位が認定されるしくみだ。


そこが「エクストリームけん玉」として大きく違うところだろう。


そして、魅力となったところがまさにここだろう。



独自の技を次々と繰り出し、パフォーマンスとして披露するスタイル!! プレー場所は若者が集まるストリート!! けん玉は今や欧米の若者には「クールな(格好いい)スポーツ」と認識されている。 それがエクストリームけん玉 !!


yjimageBZ56UX7V.jpg


今や、国や世代を超えて人をつなぐ力として「けん玉」は大きく進化している。


そう!!時代が変わってもすばらしい伝統玩具は日本の宝に違いはないのだから!!

スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました