So-net無料ブログ作成

代々木公園の蚊、再調査でもデングウイルス検出。発熱、頭痛、発疹、筋肉痛や皮膚の発疹等の症状 [デング熱]

これまで代々木公園では3回にわたり蚊の駆除作業を行っており、またデングウイルスの調査も行われてきた。
今週の調査でも新たに、デングウイルスが検出されたことがわかった。


また、これより台風シーズンへ突入する日本!!新たな拡大が予想されると専門家もにらんでいる。


すでにデング熱感染者は、感染者は116人にものぼっており、すでに18都道府県に被害が及んでいる状態だ。






“デング蚊”の移動範囲は…いったいどれほどなのか?







原則的には半径50mから100mの範囲で行動するといわれている。
数字上ではピンと来ないだろうが、これより台風シーズンを考えると全国的に広がる可能性が十分にあることがわかると思う。





ではデング蚊からどのように身を守ればいいのか?



yjimageCSK3C7IS.jpg


蚊の多くいる藪(やぶ)などから4mから5m以上離れること。つまり、そういった場所へは近づかないことが懸命であろう。 また、肌の露出をひかえる服の着用、虫さされスプレーを使用することでリスクを減らせるという。







しかし・・・・・蚊に刺されてもデング蚊かどうかわからない・・・・・・。






ウイルスは人から人への感染はしないが、もし蚊に刺されてしまったら経過観察が必要となる。


デング熱のウイルスの潜伏期間は2~14日とされていることから、発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹等が症状として現れるため
症状がでたらすぐに受診しなければならないだろう。
こういった症状がでた場合は、安易に市販薬に頼らず受診をするほうがよいだろう。





というのも・・・・・・・・・・・・・・・・。




市販の解熱剤のアスピリンやロキソニンなどを服用すると、血小板の機能が低下して出血が止まりにくくなり、症状を悪化させる可能性があるそうだ。



これからの時期は十分に注意して過ごさなければならないだろう。










スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました