So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

100周年記念suicaに大行列が起き混乱状態に!!販売時期はいつになるのか!! [ニュース]






JR東京駅が開業し、ついに100周年を迎えることになりましたね。




そしてこの100周年記念としてIC乗車券Suica(スイカ)が枚数限定で
発売されることになったんですが、この100周年記念が思わぬ事態に
なってしまいましたね。




100周年記念のSuica(スイカ)はおそらく、100周年を記念として以前から何らかの
記念品が発売されるだろうとファンの間でも噂となっていたようです。





そして100周年Suica(スイカ)はその名前の通り、特別な記念品となった
わけなんですが、1万5千枚の限定発売を東京駅丸の内南口の特設窓口だけで
販売したんです。





しかも1人3枚までの購入ができるということです。





しかも、今回の限定枚数は例年にはない、かなり少ない枚数だそうです。






それもあってか、購入希望者であふれかえっていましたね。
一部では、想像できないようなプレミア金額が発生していましたね。





そして東京駅丸の内には、大混乱を招く事態になってしまいテレビでも
大きく取り扱われていました。





特設窓口ではしっかりと列ができ、順調に購入にたどり着いた人も
いたみたいですが、一歩外に出ると大混乱!!





列を作って並ぶことすらできない状態だったようです。





というのも、外まではアナウンスすら届いておらず、現場が混乱する一方
だったみたいですね。




しかも、予想以上の購入者であふれる東京丸の内!!





購入開始時点で9千人以上が並んでいたようですね。





しかも、これ以上の混乱、人の多さは人身に関わるような事故を
起こしかねないと販売が途中で中断されてしまったようです。








その時点での販売枚数は8千枚ほどだったようですね。




本来であれば、並んでいた購入希望者には、購入できたはずだったようです。
急な販売中止となったために購入希望者からは怒りの声が
後を絶たなかったようですね。



この日のために体調が悪い中、購入しに来た人や、はるばる地方から
東京まで足を運んだ人!!






全国から、集まったようですね。





当然、急な100周年記念Suica(スイカ)の販売中止!!
販売時期はどうなったのか!!





納得できるはずがないですね。






こうした事態になり、今後の方針としてしっかりと発表したみたいです。




限定発売だった100周年記念Suica(スイカ)は限定では
なくなるみたいですね。




販売できなかった残り7千枚のSuica(スイカ)を販売することも
検討されたようですが、さらなる混乱を招く!!






そんな危険があるため、この案はなくなったようです。




そして、決まったことに、100周年記念Suica(スイカ)は購入希望者に
全員が購入できるようになるようですね。





ただ、予想以上の反響があり、現在用意していた枚数では、全く足りないのが
現状らしいです。




そのため、かなりの枚数を増刷する必要があるみたいで、生産していくことも
かなりの時間を要することから現時点での販売時期は未定とのことです!!





ただ、購入希望者には必ず購入できる形にはなるそうなので、
かなりの期間を待つことになるのは仕方ないかもしれないですね。







それにしても、これほど熱狂的なファンも含め、100周年を祝いたいと
思った人たちが、こんなに多くいたことには、感動しましたね。





早く100周年記念Suica(スイカ)が販売できるよう、頑張ってほしいですね。
そして販売時期を早くファンは知りたいはずです!!
販売時期を早急に決定してほしいですね!!

スイカ販売.jpg

「赤ちゃんポスト」に乳児の遺体が発見。「赤ちゃんポスト」のあり方とその後は・・・ [ニュース]

「こうのとりのゆりかご」いわゆる「赤ちゃんポスト」。これを認知させたのが熊本県熊本市の慈恵病院。

今や、全国的に知られるほどになっている。それだけに、かなしい事件も起きていることも事実だ。

もちろん、「赤ちゃんポスト」自体の設置については、今もなお議論が続いているだろう。


そんな時に、1件の事件が起こった!!



熊本県熊本市の慈恵病院で3日の夜、生後間もない男の子の遺体が遺棄されているのが発見されたのだ。 性別は男の子。身長は53センチで体重約3200グラム。裸であおむけに寝かされていたそうだ。 特に、目立った外傷もなかったようだ。 また、この子の親であろう人からの手紙も何一つなかったという。

警察関係者によると、男の子は赤ちゃんポストの中に遺棄されていたということで、警察は死体遺棄事件として捜査を始めている。


慈恵病院は、男の子に対してこうコメントを残した。

yjimage1IOS1WS8.jpg


「亡くなった赤ちゃんを預けるとは理解に苦しむ。残念な結果・・・・」



そもそもは、「こうのとりのゆりかご」いわゆる「赤ちゃんポスト」は親が育てられない子どもを匿名で預かるとしている。
しかし、そのことが今回のことを招いていることにも繋がっている。


医師や有識者らでつくる市の専門部会の利用実態や課題をまとめた検証報告書によると、身元がわからない子供がふえているというのだ。


わずか「赤ちゃんポスト」開設からおよそ7年という短い期間で男子50人、女子51人の計101人が預けられた。
その内、身元がわからない子供が40%にまで占めている。


子供の身元がわからないということは、子どもが親を知る手段が断たれるということだ。それは自分の親を知る権利そのものが存在しなくなる。

このことからも、子どもが親を知る権利の重要性は必要なことだ。


親が子供を思う気持ちは、今も昔も変わっていないはずだ。
それは、私たちが「母親になる、父親になる」という自覚がある人間に断定された言葉だ。


大人になりきれていない人間の存在がこういったことを招いているのかもしれない。
「赤ちゃんポスト」に預けられた子は施設に送られるのがほとんどだろう。


自分に置かれた環境を知り、理解できる年頃になったとき・・・・・
いや、子供は小さな時ほど、母親、父親を求めるものかもしれない。



ひとり泣いて親を呼ぶ姿を想像したことはあるのだろうか・・・・



「赤ちゃんポスト」に預けにくる理由は様々だろう。



しかし、子どもの身元が分からない事態は絶対避けなければならない!!
子供を愛おしいという思いがあるなら、親としての責任をはたしてほしいものだ・・・
yjimageK0CQ54YG.jpg

御嶽山 噴火!火山灰の範囲が!!捜索活動が難航!!捜索活動一旦中断へ!!家族の思い・・・ [ニュース]

御嶽山の噴火が始まったのは9月27日の正午前だった。
この日は休日の昼間ということで、多くの人が登山に訪れていた・・・



噴煙は火口からおよそ7000メートルの高さまで上がっていた。 大量の火山灰とともに噴石を飛ばし、山頂から半径1キロの範囲では、直径50センチを超える噴石が飛んできたことも分かっている。 噴出物がガスなどと流れ下る火砕流が南西方向に3キロ以上にわたって発生していた。



突然の悲劇に逃げ惑う人々!!


飛来してくる噴石から身を守るために、物陰に隠れるように倒れた人


火山灰によって埋もれ道がが分からなくなった登山道!!


周囲は火山灰によって視界が遮られる。


yjimageZWH2WLH1.jpg



長野と岐阜の県境にある御嶽山の噴火で登山客は瞬時に恐怖につつまれた。
必死の救命活動が行われている中、御嶽山は活動し続ける。



御嶽山の噴火で警察や消防、そして自衛隊は、29日も山頂付近で懸命に捜索活動を行っている。 災害派遣医療チーム(DMAT)も治療班として参加していた。 まだ搬送されていない登山者ら、心肺停止の状態で見つかっていることから、警察などは800人の態勢で捜索活動を行っている。



そんな中で、新たな情報が提示された・・・




警察などが捜索した結果、新たに5人が心肺停止の状態で見つかっている。
今回の噴火で死亡したのは12人、心肺停止の人は24人ということが確認された。


常に死ととなり合わせの中で、「大噴火するかもしれないと思うと怖かった」などと話し、
自らの死を意識し、死と隣り合わせの危険地帯での作業だったことを明らかにした。


警察や自衛隊などは30日午前7時前から捜索活動を再開した。
火山活動が活発する恐れがありヘリでの捜索も困難な状態!!




しかし、火山活動が活発になるおそれがあるとして捜索活動を一時中断している。



まだ救助されていない登山者!!

家族の帰りを待っている家族!!

無事信じて待つしかないのか!!
早急な捜索活動を再開を望む!!

一刻を争う中、一人でも多くの人が早急な救助されることを期待したい!!
多くの登山者が無事でありますように!!








ニュース ブログトップ